各種資格・認定の取得について

  • HOME
  • 各種資格取得について

環境保持・衛生管理のプロを育成する「各種資格・認定制度」"License certification system" to foster professionals in environmental preservation and hygiene management

環境保持・衛生管理のプロを育成する「各種資格・認定制度」

株式会社NSKコンサルティングでは、設備管理・清掃に関わる環境保持衛生管理のプロフェッショナルの育成、また、正しい技術の普及を目指し(公社)全国水利用設備環境衛生協会監修のもと、「各種認定制度」を運営しています。本制度をご利用いただき関係事業者、また、新規参入を目指す事業者・個人の皆様に、明るい未来と価値あるステージをご用意しております。

認定制度とは

認定制度とは、設備管理・清掃の現場で有効性が認められている工法や材料等を適切に用いて確かな施工を実現するための、環境保持・衛生管理のプロフェッショナルを育成するために作られた制度です。
認定を受けた事業者は、社会に広く信頼されている工法を一定水準レベルで提供する「ワンプレート衛生管理システム」を利用することができる「認定営業所」として認められます。

「認定営業所」のメリット
  • 正しい知識と技術に基づく施工を行うことで、安全で衛生的な環境を世の中に提供できる
  • 認定を受けた確かな技術を持つ業者だとアピールでき、営業力が高まる
  • ワンプレート衛生管理システムを利用した施工を実施し、検査基準を満たすことで、公益社団法人全国水利用設備環境衛生協会から「適合証」が発行される
  • 広く認知され信頼の高い公益団体の適合証により、施工内容に信頼感が生まれる
  • 裏打ちされたエビデンスと、管理された質の高い施工を提供することで、適正な価格を設定できる

「認定営業所」となるために必要な資格

認定には以下の資格の取得および一定の条件を充足することが条件となります。資格を取得し条件を満たした事業者が一般社団法人設備衛生技術振興会に申請を出し、審査ののちライセンスが発行されます。

条件1:設備衛生管理従事者(一般社団法人 設備衛生技術振興会 主催)

建築物・設備等の清掃及び維持に携わる業務の管理者に対して「環境・衛生」に特化した「安心・安全」を提供するための人的教育と画一的な品質管理を融合した制度です。制度の根幹となる資格が「設備衛生管理従事者」であり、ワンプレート衛生管理システムに基づいた施工方法や工法技術を実地で学習。公益社団法人全国水利用設備環境協会の協力のもと学科で知識を学びます。

「設備衛生管理従事者」の詳細はこちら

条件2:水利用設備環境衛生士(公益社団法人 水利用設備環境衛生協会 主催)

公益社団法人全国水利用設備環境衛生協会が独自に定める資格制度です。講習会の全科目を受講した後に引き続き行われる「確認テスト」で協会が定める基準に合格し、適切な衛生管理の知識と技術を習得したと認められる者に資格が授与され、「水利用設備環境衛生士証」が交付されます。

「水利用設備衛生環境士」の詳細はこちら

各種資格認定の種類と取得までの流れはこちら

資格・認定を取得してできること

認定営業所制度

ワンプレート衛生管理システムの
各工法の販売及び管理全般が可能に

  • 施工の契約を締結ができる
  • 全国の設備衛生管理従事者に施工の依頼ができる
  • 上記施工の報告書を顧客に提出することができる
  • 指定薬剤、指定機材を本部からの購入することができる
  • マニフェストを管理することができる
  • 施工済証を管理することができる
  • 検査済証を管理することができる
  • 適合証を顧客に提出することができる
設備衛生管理従事者

ワンプレート衛生管理システムの
ファーストレイヤーが利用可能に

  • 従事者証の交付を受けることができる
  • 施工の際にNS-GAを使用することができる
  • 施工の報告書作成にNS-報告systemを使用することができる

スキルアップ講習修了者
2. ワンプレート衛生管理システムの
セカンドレイヤーが利用可能に

※研修を受けた施工に限定される

  • 上記施工の際に指定薬剤・機材を使用することができる
  • 上記施工の際に所定の検査を実施することができる
  • 上記施工終了後に預かりマニフェストを顧客に発行することができる
  • 上記施工終了後に施工済証を貼ることができる
設備衛生推進員

ワンプレート衛生管理システムの
パンフレット配布が可能に

  • 推進員証の交付を受ける
  • 顧客を紹介することができる
  • 上記施工の簡単な商品説明をすることができる

※上記施工の契約の締結は不可

gotop